口内の状態に合う治療方針

ブラケットにも種類がある

模型

歯並びが悪くなってしまったので、歯科で歯列矯正を行おうと考えている時には、札幌の歯科が用意しているブラケットの種類を確認してみてください。
今までは金属ブラケットという、強度を重視したブラケットが多かったのですが、現在では審美ブラケットと呼ばれる見た目重視の矯正器具も増えてきています。
審美ブラケットは金属で作られたものと比べて、白色や透明などの目立ちにくい色をしているために、周囲の視線が気にならないというメリットが大きいです。
接客業や営業職などをやっている人が、札幌の歯科で歯列矯正を行う際には、多くの方々が審美ブラケットを使った矯正を選んでいます。
セルフライゲーションブラケットという、従来の矯正器具よりもワイヤーとブラケットの摩擦を軽減させた、新しい矯正器具も人気が高いです。
ちょっとした摩擦でも口内に痛みが生じるという人は、摩擦を減らしたセルフライゲーションブラケットを選ばれています。
札幌の歯科であれば、セルフライゲーションブラケットを装着する際には、個人の口内の状態に合わせた装着方法を選んでもらえます。
より摩擦を減らした状態で歯列矯正を進める事ができるだけでなく、通院回数を減らしやすいのも特徴のひとつです。
見た目を気にする人が札幌で歯列矯正を行うのであれば、裏側矯正というブラケットを歯の裏側に装着する歯列矯正の方法も向いています。
人から見えやすい上側の歯だけ裏側矯正を行い、下側は金属ブラケットを使うという人も珍しくありません。

矯正した方がいい理由

歯科矯正

歯列矯正をしようか迷っている人が多いのですが、矯正をするとどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、八重歯の並びを治療すれば発音が改善されます。
八重歯があるとどうしても呼吸がぬけてしまい、きちんとした発音ができないのです。
したがって、子供の頃からうまく発音できない状態になってしまって、ひどい場合にはいじめに発展するケースもあります。
そのような状態を避けるためにも、小さい頃から八重歯の歯列矯正したほうがよいのです。
インターネットに書かれているブログを見ると、歯列矯正して自分らしい歯列を手に入れた喜びがあふれています。
負担を感じない治療が流行していますから、まずは歯列矯正を専門とする歯科医院に相談してみましょう。
このブログでおすすめするもうひとつの理由は、八重歯の悩みが消えるということです。
発音の問題だけでなく、見た目にもあまりよくありません。
特に思春期の場合には、自分の歯並びの悪さにコンプレックスを感じてしまいます。
そうなると性格が消極的になったり、人生を愉しめなくなってしまいます。
だからこそ、そうならないためにもなるべく早めの歯列矯正がおすすめです。
たくさんのブログを見ると、歯科医院の評判が分かります。
多くの人がブログに良い評価を書いている歯科医院を選びましょう。
そうすればきっと、八重歯が綺麗になり、自分らしい発音や滑舌を手に入れられるでしょう。
頑張って歯列矯正治療に臨んでください。

自分に合うのが一番です

矯正

歯列矯正を検討する際に、気になるのが治療方法についてです。
歯列矯正を受ける人が増えるにつれて、さまざまな矯正方法が知られるようになってきています。
それぞれどのような特徴を持ち、どのような効果があるのでしょうか、具体的にチェックしていきましょう。
まず、歯列矯正治療といえば、ワイヤーを用いた治療を想像する方も多いはずです。
昔ながらの矯正治療は、どのような歯並びであっても矯正しやすいというメリットがあります。
装置が目立つことやメンテナンスが難しいなどのデメリットもありますが、非常に一般的で費用も抑えやすい治療方法だと言えるでしょう。
見た目に抵抗がある方のために、目立ちにくい器具や歯の下側に装着するタイプも出てきています。
またマウスピースを用いて治療を行うこともあります。
つけたり外したりするのが楽なので、メンテナンスしやすいというメリットがあります。
しかし一方で、装着時間が短くなり、効果を実感できるまで時間がかかってしまいがちというデメリットもあります。
さらに近年では、セラミックによる治療やインプラントを用いた矯正治療も注目を集めてきています。
歯を削ってセラミックを貼り付ける他、小型のインプラントを埋め込み、歯の移動をサポートする治療法となります。
インプラント矯正は、矯正期間を短くしたり、違和感を小さくしたりする効果が期待できると言われています。
歯列矯正を行う際に大切なのは、一度実感した効果を、継続していくための努力です。
自分にとってストレスなく突き合っていける治療法を選択するのが、もっとも効果的でしょう。